Biography

丸山耕路

1983年奈良県生まれ、三重県伊賀市出身。

6歳よりエレクトーンを始め、ジャズやポピュラー作品を中心に編曲法などを学ぶ。
ジュニアエレクトーンコンクールにおいて自身の編曲作品などで参加し、

グランプリ、オーディエンス賞など12の賞を受賞した。

関西文化芸術高等学校に電子オルガン専攻で入学するが、同校2年よりピアノ専攻に転向、17歳より1からクラシックピアノを始める。

翌年、京都ピアノコンクール本選会において金賞、および全部門の最優秀賞である京都新聞社賞を受賞。ピアノを始め1年半ほどでの受賞に注目を集めた。同高校卒業時にベストアート賞を受賞。


大阪音楽大学ピアノ専攻に入学。在学中、日本音楽コンクールをはじめ、高松国際ピアノコンクール、飯塚新人音楽コンクール、宝塚ベガ音楽コンクール、吹田音楽コンクールなどに入賞。同大学より最優秀賞を授与され首席で卒業する。全国各地で演奏活動を行った後、財団法人ロームミュージックファンデーションの奨学生として渡独。
ドイツ国立デトモルト音楽大学に首席で入学、研鑽を積んだ後、国立シュゥトゥットガルト音楽演劇大学マスター課程に在籍。

アルフレード・パール、アンドレ・マルシャン、ジョルジュ・ナードル、アッティラ・ネメティ、キリル・ゲルシュタイン、ブロニスワヴァ・カヴァラ各氏の指導を受け、ヨーロッパ各地で演奏活動を行った。

第74回日本音楽コンクール第2位、第24回飯塚新人音楽コンクール第1位、
第1回高松国際ピアノコンクール特別賞、クールシュベール国際音楽アカデミー音楽賞、京都ピアノコンクール金賞、京都新聞社賞ほか多数の賞を受賞。

帰国後は各地でのリサイタルのほか、東京交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、テレマン室内オーケストラ、ザ・カレッジオペラハウス管弦楽団、TIPCオーケストラなど多くのオーケストラとの協演、NHK-FMへの出演など活動を広げている。

近年はバッハの作品を多く取り上げており、バッハ作品によるリサイタルでは、日本演奏連盟より「ニューアーティストシリーズ」に選出。

また、歌曲作品の伴奏者としては、「詩を奏でるピアニスト」と音楽誌にて評されるなど高い評価を得ており、多くの歌手との共演やレコーディングなどを行っている。
 

これまでに山田浩以、福井尚子、清水淳彦、青柳いづみこ、小森谷泉、A.パール、A.マルシャンの各氏に師事。

日本演奏連盟、日本ピアノ教育連盟、全日本ピアノ指導者協会、高槻音楽家協会各会員。
 

現在、大阪音楽大学講師として後進の指導を行い、全国各地でのコンクール審査員、アドバイザーなども多数務めている。

é

©Jin Yagi

© 2015 by 丸山耕路の公式ホームページです。